ニキビ対策をする前に

ニキビの原因を知る

細菌と皮脂の作用

ニキビ対策をするためにはまずニキビが出来た原因と出来た場所、それの対処法などを知る必要があります。ニキビとは皮膚の炎症のことを言います。

主に顔、胸、背に見られる。一般的にニキビというのは青年に発生したことをいい、それ以外のものを吹き出物として扱うことがあります。ニキビは、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の作用によって炎症を引き起こしてできるものです。従って、皮脂が多く分泌される場所にできやすいということです。

皮脂が分泌され、それが毛穴につまり炎症を引き起こすということです。詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質などが溜まったのが黒ニキビ(毛穴が開いて仲が見えている状態)または、白ニキビ(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるものものです。

黒ニキビと白ニキビの状態から赤いニキビを作り出すのは皮膚に多く存在するアクネ菌です。アクネ菌は酸素のない脂線の奥に生息しています。アクネ菌は皮脂が好きなので詰まった毛穴の中で皮脂を栄養にしながら増殖していき、その結果炎症が起きて赤くなったり、膿がたまって黄色い部分ができるという症状になります。

更に進行していくと毛穴が破れ、中身が流れだし炎症が広がる可能性があります。その場合は皮膚の深い部分を傷つけてしまうので、跡が残ってしまいます。

乾燥肌になってもニキビの心配が必要です。そのためには、乾燥肌を保湿クリームを使って対策するのが有効です。ニキビ対策をする前の大事なことです。

ホルモンバランスがうまく調整できていない

ニキビができる理由として他には体に余分な熱が溜まっている、ホルモンバランスがうまく調整できていない、内蔵障害などの内面的なものやストレス過剰などの精神面からのものがあります。

おでこにニキビができる人はシャンプーやリンスの洗い残し・前髪の汚れが付着して炎症を起こす・胃腸の不調などが挙げられます。鼻にできる人は肝臓、大腸、肺の不調などです。ほおにできる人は男性ホルモンの影響で、男の子に多く見られます。女性の場合だと、便秘や肝機能障害の可能性・糖質、脂質の摂り過ぎが疑われます。

口周りにできる人は胃腸トラブル・ビタミン不足・食べ過ぎに当てはまります。あごにできる人は、肌の新陳代謝・ホルモンバランスの乱れなどから来ています。これを踏まえてニキビ対策とすると、主に食事と体の調子を整えるということが当てはまります。

食事では、皮膚の炎症を抑えるビタミンB2、B6をたくさん摂りましょう。臓器の調子を整えるにはお水を一日1.5~2リットル飲むと体の老廃物をたくさん出せるので効果的です。

ニキビを改善してキレイな肌にできたら、ムダ毛の処理も気になるのではないでしょうか。ムダ毛処理にも人それぞれのやり方があるとは思いますが、管理人がおすすめするムダ毛処理は、エステでの脱毛です。